back icon
お金のお悩み相談室③「備え方」編 資産運用いくらから始めればいいの?
お金のお悩み相談室③「備え方」編 資産運用いくらから始めればいいの?

お金のお悩み相談室③「備え方」編 資産運用いくらから始めればいいの?

2023/08/23・提供元:Money Canvas

前回のコラムでは、ライフプランに必要な金額を計算し、現在の貯蓄ペースでは「老後に約2,600万円不足」という結果と、備えるには資産運用も必要と知ったニナちゃん。

どのくらい、何で運用すればいいのか…そんな疑問を一緒に解決していきましょう。




7

運用を始める前に、お金を色分けしてみよう

author
前回のお話から、将来不足する資金の備えには資産運用が有効と分かったけど、どうすれば無理なく継続できるのかな?

author
生活費と一定の手元資金を確保し、無理なく運用することが大切!そこで、まずはお金を3つの用途に色分けして、表に金額を書き込んでみよう。

author
前回考えたライフプランと現在の資産状況を踏まえたら、こんな感じかな…。

9 10 11


author
ライフプランをふまえて、綺麗に整理できたね…!ピンクの部分が、「用途が決まっていないお金」として、運用に向いていると整理できるわ。

author
なるほど…。前回やったシミュレーションで、月2万円は大丈夫とのことだったので、定期預金につみたてている分を運用に回してみようかな。


ライフプランを見据えて、備えよう

author
そうだね、あとは「どんな目的か」により、適した運用方法や期間が変わってくるよ!その観点では、老後の生活費や介護費が主に不足しているね。

author
確かに、老後への備えは特に対策できてないな…。

author

老後資金の場合、備えられる期間が長いので、NISA等を利用したつみたて運用が向いているし、介護費への備えは保険を活用する方法もあるよ。

どれが良いかは人それぞれだけど、目的がはっきりしていると、備える方法も選びやすいね。


author
なるほど…!私はまずは老後の生活費全般を考えたいから、前から興味があったNISAでつみたてをしてみようかな。介護費用も気になっていたから、今すぐ加入はしないかもしれないけれど、一度保険のシミュレーションもみてみる!

author
いい感じ!一気に考えられなくても、まずは一つずつできるところから備えていくといいね。NISAであれば金額も少額から始められるよ。

author
あ、そうだ!NISAでつみたてをするならどんな商品が向いているかは、どうやって分かるの?

author
それについては「つみたてスタイル診断」をやってみて!質問に答えるだけでおすすめの運用スタイルが提案されるから参考にするといいよ。

author
あとは、つみたて運用をしたらどのくらいの老後の資産を確保できるのか、「使い方コラム・老後の資産形成シミュレーション」からシミュレーションもできるからやってみてね。

author
いろいろとありがとう…!お金の色分けも出来たし、将来への不安に対しても、どうやって備えればいいのか見えてきたよ…!これで私も資産運用デビューできそう。

まとめ

いかがでしょうか。将来がなんとなく不安…その原因や備える方法が見えてきたでしょうか。

Money Canvasでは学びながら資産運用が出来るよう、様々なコラムを用意しています。まずはアカウント登録から、資産運用デビューの一歩を踏み出してみませんか。


関連コラム
もっとみる >
Loading...