back icon
【テーマから株を選ぶ!】チャットボット、「チャットGPT」登場で話題沸騰
【テーマから株を選ぶ!】チャットボット、「チャットGPT」登場で話題沸騰

【テーマから株を選ぶ!】チャットボット、「チャットGPT」登場で話題沸騰

2023/04/06・提供元:MINKABU

AIチャットボット「ChatGPT(チャットGPT)」が、にわかに注目を浴びています。チャットボットとは人間が投げかけた質問に自動で回答してくれるシステムのことで、最近ではAIを搭載したものが多く登場するようになってきました。


さまざまな企業が開発に取り組んでいますが、なかでも米国のベンチャー企業オープンAI社が開発したチャットGPTがその性能の高さから話題を呼んでおり、それとともに株式市場ではチャットボット関連株への関心が高まっています。



チャットボット開発競争、マイクロソフトやGoogleも

0

マイクロソフトが大規模な追加出資を発表

チャットGPTが注目されている背景には、もう一つ理由があります。
それは、チャットGPTを開発したオープンAI社に対し、米IT大手マイクロソフトが数十億ドル規模の追加投資を行うと1月に発表したことです。


マイクロソフトはこれまで2019年と2021年にもオープンAI社に出資しており、今回の投資を通じてAI開発を更に加速させていく構えにあります。


世界的な大手IT企業も続々と開発

マイクロソフトの動きに対抗するように、米国のグーグルメタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)、中国のネット検索大手バイドゥなど世界的な大手IT企業がここにきて続々とAIチャットボットの開発に乗り出しています。


関連銘柄をチェック

1

チャットボットはコロナ禍に伴う非対面ニーズの高まりを追い風に、既にサイトの問い合わせ対応などで利用が進んでいます。今後、AIチャットボットの普及によって活用場面はさらに広がっていくことでしょう。


チャットボット関連株として、まずはAIチャットボットを手掛けるAIベンチャーのPKSHA Technology<3993>、システム開発会社のモビルス<4370>、データ分析企業のユーザーローカル<3984>などが挙げられます。
チャットボットの導入支援サービスを展開する、IT関連会社のチェンジ<3962>もチェックしておきましょう。


このほか、チャットGPTの技術を自社サービスに活用し、新たなサービスを提供する方針を打ち出した法律相談サイト運営の弁護士ドットコム<6027>、コンテンツ投稿サイトを手掛けるnote<5243>などが投資家の視線を集めています。


テーマ解説

チャットボット

チャットボット(chatbot)とは、「チャット(会話)」と「ボット(ロボット)」を組み合わせた言葉で、人工知能を活用した「自動会話プログラム」のことです。


「チャット」が、人間同士が会話するのに対して、「チャットボット」は人工知能(AI)を組み込んだコンピューターが人間に代わって対話する仕組みで、サイトにおける問い合わせの対応などに利用が広がっています。


2023年1月にはマイクロソフトが「ChatGPT」を手掛けるオープンAIへの投資拡大を発表。これを受けて株式市場でもチャットボット市場の成長性への関心が高まっています。

関連コラム
もっとみる >
Loading...
scroll-back-btn