back icon
【テーマから株を選ぶ!】脱炭素 世界的に温室効果ガスの排出抑制を図る取り組み
【テーマから株を選ぶ!】脱炭素 世界的に温室効果ガスの排出抑制を図る取り組み

【テーマから株を選ぶ!】脱炭素 世界的に温室効果ガスの排出抑制を図る取り組み

2022/09/11に公開(最終更新:2024/03/28)
提供元:MINKABU

脱炭素とは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を防ぐために、石油や石炭などの化石燃料から脱却することを言います。



温室効果ガスの影響で多くの問題が発生

近年、温室効果ガスによる気候変動によって自然災害の増加や生態系への影響、農作物への被害、食料不足など多くの問題が発生しています。

問題を深刻化させないためには、世界的に温室効果ガスの排出を抑制する必要があります。


世界で脱炭素化、日本も実現に努力

脱炭素

1992年に採択された国連気候変動枠組条約に基づき、1995年から毎年、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)が開催され、世界での温室効果ガス排出量削減の実現に向けて精力的な議論が行われてきました。


世界で取り組みが進む

2015年12月にフランスのパリで開催されたCOP21で、2020年以降の国際的な枠組みとしてパリ協定が採択されました。

これ以降、先行する欧州各国をはじめ、温室効果ガス排出量が多い中国やアメリカ、インド、日本なども戦略的に脱炭素化に取り組んでいます。


将来的に実質ゼロを目指す日本

日本では、2021年10月に閣議決定された「第6次エネルギー基本計画」で、温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロとする目標を掲げています。


この「実質ゼロ」というのは、温室効果ガスの「排出量」から、植林、森林管理などによる「吸収量」を差し引いて実質的にゼロにすることを意味しており、「カーボンニュートラル」とも呼ばれています。


この実現のためには、これまで以上に再生可能エネルギーや水素などの利用拡大を図る必要があり、株式市場でも息の長いテーマとして注目されています。



関連銘柄をチェック

脱炭素関連銘柄

脱炭素には「太陽光発電」や「洋上風力発電」をはじめとする「再生可能エネルギー」や、「水素」「アンモニア」など関連するテーマが多いです。


特に再生可能エネルギーの開発・運営を行うレノバ<9519>、バイオマス発電開発・運営を行うイーレックス<9517>、省エネ支援やバイオマス発電を手掛けるエフオン<9514>などがあります。



テーマ解説

脱炭素

脱炭素とは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を防ぐために、石油や石炭などの化石燃料から脱却することです。


世界的な潮流となっており、日本政府も2020年10月に閣議決定された「第6次エネルギー基本計画」で、CO2など地球温暖化につながるガスの排出量を2050年に実質ゼロとする目標を掲げています。


これまで以上に、再生可能エネルギーや水素などの利用拡大を目指しています。

関連コラム
もっとみる >
Loading...
scroll-back-btn